【WEAR A BAG vol.1】POP UPのため、アメリカにて買付中!

wearabag_con_sq.jpg


「バッグを着る」という、VINTAGE POP UPを開催すべく、アメリカへ

ベストをバッグとして解釈し、コーディネートに取り入れる。「WEAR A BAG = バッグを着る」をコンセプトに、ヴィンテージのベストを集めたPOP UP SHOPを10月末より開催予定。その準備のため、普段からさまざまなベストをバッグとして愛用している渋谷店スタッフ森畑がフリークス ストアのヴィンテージバイヤーとともに渡米。初めてのバイイングに挑戦中です。今回は、【WEAR A BAG vol.1】と題し、スタッフ森畑自らのベストの使い方やアメリカでのバイイングの様子をお伝えします。




wearabag_con_style.jpg

渋谷店スタッフ 森畑の【WEAR A BAG】


wearabag_con_mori1.jpg

ーカバンを持つのが好きでないので、カバン代わりにベストをアウターの上に羽織る、お気に入りの着こなしです。ベストは昔から気に入っているアメリカンフィールドのもの。汚れを気にせずガンガン洗えるダック生地、冬場手袋をしていても脱ぎやすい大きめのナットボタン、なんでも入る大きいゲームポケットがお気に入りです。身幅の広いハンティングベストやフィッシングベストをバッグとして解釈すると、着こなしに幅が広がります。

ベスト / 私物
アウター ¥48,000+tax / KAPTAIN SUNSHINE × Marmot × FREAK'S STORE
パンツ ¥8,300+tax / FREAK'S STORE
ブーツ ¥32,800+tax / RED WING × FREAK'S STORE


wearabag_con_mori2.jpg

(右上から時計回りに)
GHURKAのキーケース:アメリカの老舗レザーブランド。グルカが似合う男になりたいと購入し、毎日使っています。/ 80sのバンダナ:アメリカ製のバンダナは常に持ち歩きます。特に年代にとらわれず、40〜80年代中心に、綿100%のアメリカ製の物だけを集めています。/ White HouseCox名刺入れ:入社の記念に会社からいただき、ずっと使っています。/ Hoechstmassのメジャー、Aldenのシューホーン:ご案内で多用します。モンブランのボールペンと合わせ、自分の三種の神器です。この長さのシューホーンが1番、お客様に負担をかけませんし、販売員ですからお客様に手渡すボールペンは、高級なものであるべきだと思っています。モンブランはアメリカのブランドではありませんが、ヘミングウェイが万年筆を愛したという逸話も残っています。/ 50s L.L.BEANのポーチ:中にサンタマリアノヴェッラのアトマイザーを入れています。平日は落ち着いた香りを、土日は動きのある香りを身につけます。/ 手帳:仕事で毎日使うものです。店舗以外の仕事や、プライベートのことも全てこれで管理しています。/ KELTYのポーチ:歯ブラシケースとして使っています。






wearabag_con_buying.jpg

wearabag_con_usa.jpg

現在、カリフォルニアにてPOP UP SHOPのための買い付けの真っ最中!フリークス ストアのヴィンテージバイヤーとともにスタッフ森畑が(もちろん毎日ベストを着て)奔走中です。道中の様子は【HEAD BLOG】でも更新中。

wearabag_con_head.jpg




wearabag_con_continued.jpg

NEW ARCHIVES

ALL/MEN/WOMEN/HOME/MOVIE  月別アーカイブ :

全てを見る >